専業主婦が借りられるカードローンは?

収入のない専業主婦でも銀行のカードローンなら借りられます。
手続きもすぐ済み、必要な書類も携帯のカメラでアップロードやメールに添付できるなど自分でできます。
誰かにバレたりする心配もないので安心です。

 

限度額は最高30万円〜50万円まで、審査でいくら借りられるかが決まります。
妻に収入がなくても夫に安定した収入があれば二人の収入と見なされます。

 

消費者金融では「自分自身に収入がある人」が絶対の条件とされているので専業主婦は借りられません

 

専業主婦も安心して申し込める知名度の高い大手銀行運営のカードローンを紹介します!

最新!専業主婦が申し込める大手銀行カードローンおすすめランキング

東京スター銀行 スターカードローン
通常のカードローンとWEBバンキングが利用できるネットローンがあり、ニーズに合わせて申込タイプを選ぶことが出来ます。

どちらのタイプも配偶者に定期的な収入があれば専業主婦の申し込みを受け付けています。
専業主婦は他社のカードローンだと最大50万円までしか借りられませんが、東京スター銀行であれば借りたい希望金額を入力できます。
一度審査に通過すれば限度額の範囲内で自由に借入できるので家計のやりくりが難しいときに役立てることができます。

 

 

申込みボタン

 

融資額 年率 融資スピード
10万円〜500万円 4.5%〜14.6% 最短即日

レイク
新生銀行のレイクは他の銀行カードローンではない無利息期間が利用できます

無利息期間は短期間だけ借りたい方も長期になりそうな方も優位な方を選べるように2種類あります。
手持ちの他銀行口座に振り込んでもらえ自動契約機利用なら夜でも借りられるなど即日融資にも対応しています。
他のキャッシング会社よりサービスが充実。
使いやすいカードローンです。
女性専用の問い合わせデスクも用意されているので、男性に相談しにくいことも気軽に聞くことができる主婦に嬉しい配慮もあります。

 

 

申込みボタン

 

融資額 年率 融資スピード
1万円〜500万円(専業主婦は30万円まで) 4.5%〜18.0% 最短即日

じぶん銀行カードローン
インターネットを主流とした取引をしているじぶん銀行は総量規制の対象外なので働いていない専業主婦の方でも利用することができます。

提携ATM、口座振込のどちらでも借入ができ、24時間365日手数料がかからないため便利に利用することができます。
携帯・スマホをauで契約している方限定で金利が安くなるじぶん銀行だけのサービスがあります。
auユーザーならお得に借りられると好評です。

 

 

申込みボタン

 

融資額 年率 融資スピード
10万円〜500万円(専業主婦は30万円まで) 3.9%〜17.5% 最短即日

イオン銀行カードローン BIG
イオングループが展開するイオン銀行カードローンは、高い知名度があることから専業主婦の方の利用が多いカードローン会社となっています。

申込み日に融資を受ける事が可能なので急な出費にもすぐに対応することができます。
月々の返済額は3000円から設定されているため家計に負担をかけることなく借りたお金を返すことができます。
全国に提携ATMが設置されており、365日手数料が必要ないので安心ですね。

 

 

申込みボタン

 

融資額 年率 融資スピード
30万円〜800万円(専業主婦は50万円まで) 3.8%〜13.8% 最短即日

銀行によって違う!銀行カードローンの貸出条件早見表

実際に貸してもらえる金額や金利、その他その日に借りられるか、利息はいくらかかるのかなどは各銀行によって違いがあります。

 

「借りられるならどの銀行でもいいから!」と思って申し込んだ後に「もっと条件に合う銀行があった…」とならないように、申し込み前に各行の条件を確認しておくことも大切です。
早見表で先に確認しておいて下さいね。

 

カードローン会社比較表

サービス 限度額 年率(上限年率) 即日融資
東京スター銀行
スターカードローン

(希望する額)

(※1)
(※2)
セブン銀行
カードローン

(50万円まで)
○(※2)
みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン ○(30万円まで) ○(※2)
じぶん銀行カードローン ○(30万円まで) △(17.5%) ○(※2)
イオン銀行カードローン BIG
(50万円まで)
○(※2)
新生銀行カードローン レイク
(30万円まで)


(※1)ネットバンキングの口座利用の場合
(※2)普通預金口座があれば即日融資可能

銀行カードローンの特徴

無収入の専業主婦でも借りれる

金融機関は金融庁の定める法律に従って営業しなければならないと決められています。

銀行 銀行法に基づき営業している
消費者金融 貸金業法に基づき営業している

銀行法と貸金業法の2つの法律はそれぞれ別の法律になります。
貸金業法はお金の貸出を規制する『総量規制対象』となりますが、銀行法は『総量規制の対象外』となります。
(総量規制については総量規制と総量規制対象外のカードローンの違いで紹介します)

 

銀行法には総量規制のように『この条件の人には貸してはいけない』という条件はないため、銀行運営のカードローンであれば借りられます。
しかし全ての銀行のカードローンが専業主婦でも良いとしているのではなく、専業主婦の借入を認めている銀行もあればそうでない銀行もあります。
どのような人に貸せるかを決めるのは各銀行が決めているので銀行次第となります。
参考:全国銀行協会(全銀協)

 

こちらのサイトでは『専業主婦申込みOK』のカードローンのみを紹介しています。

 

家族にバレずに内緒で借りられる

PCやスマホなどインターネットから申込めます。
申し込み方法も簡単で、迷わず一人でできます。

 

在宅確認はありますが、携帯電話の番号を登録しておけば携帯にかけてくれますので誰にも知られることはありません。
利用明細の郵送を断ることもできますし、カードローン利用に必要な機能をキャッシュカードに追加することでローンカード発行なしの銀行もあります。

 

旦那の会社に申込みの確認連絡が入ることもありません。
プライバシーは守られています。

 

ネットを上手に利用して内緒の借入が可能です。

 

バレないための注意点

返済が遅れているのにカードローン会社に連絡を入れていない、返済を滞納しているなどの場合は電話連絡が入ったり、督促状が郵送で届く場合があります。

 

お知らせやローンカードが郵送で届く場合は封筒にカードローン会社の名前は印刷されていませんのでバレる心配はありませんが、督促状にはカードローン外社名が印刷されている場合があり、それを見られて家族にバレたというケースがあります。

 

毎月きちんと決められた返済額を返していれば全く問題ありません。

 

収入証明書や同意書、保証人も必要なし

専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローンでも紹介されている通り、申込み本人(あなた)の身分証明書があればOKです。
旦那に関するものは何も必要ありません。

 

詳しくは専業主婦のカードローン申し込みに収入証明書は必要?で紹介します。

 

年利(金利)が低めに設定されている

金利とは借入総額(元本)にプラスして支払う利息のことです。
金融業界では「実質年率」と呼ばれています。

 

金利の数字が大きいほど利息を多く支払わなければいけませんので、返済の負担が大きくなります。

 

使い道は自由

旦那の給与までの数日間の生活費や子供の塾の月謝、自分の欲しいもののためなど、キャッシングで借りたお金は自由に使えます。(事業資金としてのみ不可)
金融会社から使い道を聞かれることもないので何に使っても構いません。

 

銀行ローンだからといって、まとまった金額を借りなければいけないというわけではなく、1万円だけキャッシングすることもできます。
限度額の範囲内であれば借りて返してを繰り返せるので、ちょっと足りなくなったら借りる主婦も増えています。

 

銀行カードローンと消費者金融の金利比較
区分 カードローン名 最低金利 最高金利
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6% 14.6%
銀行カードローン みずほ銀行カードローン 9.0% 14.0%
銀行カードローン イオン銀行カードローン 3.8% 13.8%
銀行カードローン レイク 3.8% 18.0%
銀行カードローン じぶん銀行カードローン 3.9% 17.5%
銀行カードローン セブン銀行カードローン 15.0% 15.0%
消費者金融 アコム 4.7% 18.0%
消費者金融 プロミス 4.5% 17.8%
消費者金融 モビット 4.8% 18.0%
消費者金融 アイフル 4.5% 18.0%

銀行のカードローンは消費者金融より金利が低く設定されているので銀行カードローンは低金利カードローンと言えます。

 

利息はどの様に決まるの?

審査で「この人にはいくら貸せるか」という限度額が決定されます。
メガバンクの三菱東京UFJ銀行が運営するカードローン『バンクイック』の利息を例に説明します。

 

バンクイックでは限度額が500万円の人の金利は4.6%、200万円の人は8.1%、10万円以上は14.6%と決められています。

 

バンクイックの借入利率

利用限度額 利率
500万円 年 4.6%
500万円未満 〜 400万円超 年 5.6%
400万円以下 〜 300万円超 年 6.1%
300万円以下 〜 250万円超 年 7.1%
250万円以下 〜 200万円超 年 8.1%
200万円以下 〜 150万円超 年 9.6%
150万円以下 〜 100万円超 年 11.6%
100万円以下 〜 50万円超 年 12.6%
50万円以下 〜 10万円以上 年 14.6%

多く借りれば借りるほど金利が下がるシステムではありません。
「500万円借りられる人が10万円借りても4.6%」「10万円借りられる人が10万円借りても14.6%」となります。

 

バンクイックでは専業主婦の限度額を30万円までと設定されているので、専業主婦は14.6%の金利になります。
限度額によって金利が決まるシステムで、利用額は関係ありません。

専業主婦がカードローンに申込みむときの条件

最低必要な申込み条件

配偶者に月々安定収入がある

生活費から返済金額を捻出するために、配偶者の給料が月によって上下変動が少ない、安定した収入があることが条件です。

 

毎月給料の額がほぼ一定のサラリーマンならOKです。

身分証明の提出

運転免許証や健康保険証など身分が確認できるものがあればOKです。

 

わざわざ取り寄せなくてはいけないようなものはありません。

 

上記が基本となります。

 

申込み銀行に本人名義の口座が必要な場合

即日融資を受ける条件に『口座をお持ちの方』があります。
ない場合は即日融資は受けられません。

 

銀行カードローン 申し込みに口座が必要かどうか
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 口座がなくてもOK
(即日融資可)
新生銀行カードローンレイク 口座がなくてもOK
(即日融資可)
東京スター銀行カードローン 口座がなくてもOK
(他社ネットバンキングが利用可、ネットバンキングなら即日融資可))
みずほ銀行カードローン MyWing みずほ銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
楽天銀行カードローン 口座がなくてもOK
(即日融資にはどの銀行でもいいので口座が必要)
じぶん銀行カードローン じぶん銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
イオン銀行カードローン BIG イオン銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
セブン銀行カードローン セブン銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)

口座が必要なカードローンは毎月の返済が基本口座引き落としとなっています。(振込みで追加返済も可能)

 

口座を持っていない場合は先に新規で口座開設し、カードローンを申込むことになります。(申込みは同時にできます)

 

専業主婦におすすめのカードローン

 

専業主婦の申込み限度額の設定がない唯一の銀行カードローンです。

ネット銀行利用で口座がなくても即日融資が可能です。