専業主婦が借りられるカードローンは?

収入のない専業主婦でも銀行のカードローンなら借りられます。
手続きもすぐ済み、必要な書類も携帯のカメラでアップロードやメールに添付できるなど自分でできます。
誰かにバレたりする心配もないので安心です。

 

限度額は一般的に最高30万円〜50万円まで、中には審査によるところもあります。
妻に収入がなくても夫に安定した収入があれば二人の収入と見なされます。

 

消費者金融では「自分自身に収入がある人」が絶対の条件とされているので専業主婦は借りられません

 

専業主婦も安心して申し込める知名度の高い大手銀行運営のカードローンを紹介します!

最新!専業主婦が申し込める大手銀行カードローンおすすめランキング

1位

じぶん銀行カードローン
インターネットを主流とした取引をしているじぶん銀行は来店不要で、審査もネットで。

提携ATM、口座振込のどちらでも借入ができ、24時間365日手数料がかからないため便利に利用することができます。
携帯・スマホをauで契約している方限定で金利が安くなるじぶん銀行だけのサービスがあります。
auユーザーならお得に借りられると好評です。

 

 

申込みボタン

 

融資額 年率 融資スピード
・通常

・カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内


・カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内

通常:
2.2%〜17.5%
auユーザー限定au割:
2.1%〜17.4%
最短即日

銀行によって違う!銀行カードローンの貸出条件早見表

実際に貸してもらえる金額や金利、その他その日に借りられるか、利息はいくらかかるのかなどは各銀行によって違いがあります。

 

「借りられるならどの銀行でもいいから!」と思って申し込んだ後に「もっと条件に合う銀行があった…」とならないように、申し込み前に各行の条件を確認しておくことも大切です。
早見表で先に確認しておいて下さいね。

 

カードローン会社比較表

サービス 限度額 年率(上限年率) 即日融資
東京スター銀行
スターカードローン

(希望する額)

(※1)
(※2)
セブン銀行
カードローン

(50万円まで)
○(※2)
みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン ○(30万円まで) ○(※2)
じぶん銀行カードローン ○(30万円まで) △(17.5%) ○(※2)
イオン銀行カードローン
(50万円まで)
○(※2)
新生銀行カードローン レイク
(希望する額)


(※1)ネットバンキングの口座利用の場合
(※2)普通預金口座があれば即日融資可能

専業主婦がカードローンに申込みむときの条件

最低必要な申込み条件

配偶者に月々安定収入がある

生活費から返済金額を捻出するために、配偶者の給料が月によって上下変動が少ない、安定した収入があることが条件です。

 

毎月給料の額がほぼ一定のサラリーマンならOKです。

身分証明の提出

運転免許証や健康保険証など身分が確認できるものがあればOKです。

 

わざわざ取り寄せなくてはいけないようなものはありません。

 

上記が基本となります。

 

申込み銀行に本人名義の口座が必要な場合

即日融資を受ける条件に『口座をお持ちの方』があります。
ない場合は即日融資は受けられません。

 

銀行カードローン 申し込みに口座が必要かどうか
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 口座がなくてもOK
(即日融資可)
新生銀行カードローンレイク 口座がなくてもOK
(即日融資可)(※)
東京スター銀行カードローン 口座がなくてもOK
(他社ネットバンキングが利用可、ネットバンキングなら即日融資可)
みずほ銀行カードローン MyWing みずほ銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
楽天銀行カードローン 口座がなくてもOK
(即日融資にはどの銀行でもいいので口座が必要)
じぶん銀行カードローン じぶん銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
イオン銀行カードローン イオン銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)
セブン銀行カードローン セブン銀行の普通預金口座が必要
(即日融資には口座が必要)

(※)平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。

 

口座が必要なカードローンは毎月の返済が基本口座引き落としとなっています。(振込みで追加返済も可能)

 

口座を持っていない場合は先に新規で口座開設し、カードローンを申込むことになります。(申込みは同時にできます)