フリーローンとは?

フリーローンは「使用目的が限られていないローン」を指します。
多目的ローンとも呼ばれています。

 

旅行に行くために、何かを購入するためになど幅広く使うことができますが、使い道が全く自由に使えるというわけではありません。

 

フリーローンで制限されている使用目的

バンクイックの例

ネットDE多目的ローンは結婚資金・保険適用外の医療費・旅行資金など、お支払先へ一括で振り込みにて支払いができるご資金に、ご利用いただけます。

以下のお使いみちには、ご利用いただけません。

 

(1)他の金融機関からの借替資金・おまとめ資金

(2)土地建物購入資金

(3)慰謝料、訴訟費用、納税資金

(4)投機資金、有価証券購入資金

(5)事業性資金 等

  • 他社借入の返済をするためやおまとめローンに使用するため
  • 土地や建物を買うための資金
  • 慰謝料の支払いや裁判費用、税金を納めるための費用
  • 儲かることを期待しての投資や株券の購入のための費用
  • 事業資金としての借入

上記に該当する理由で借りることはできません。
商品概要説明書などに記載されています。

 

フリーローンで認められている使用目的

  • 結婚資金(自分の結婚式、子供の結婚式の費用)
  • 健康保険適用外の治療費
  • 引越し費用
  • 車・家電・楽器の購入

上記の様に制限されている使用目的に当てはまらなければ基本的に使用目的は自由です。

 

契約には申込みには利用目的がわかるものが必要

使用用途自由のフリーローンですが、「何をするためにいくら必要です」という書類を提出することが条件となります。
見積書などの金額が記載してある書類が必要です。

 

フリーローンの申込み条件

  • 満20歳以上70歳未満
  • 前年の年収が200万円以上あること
  • 勤務年数が1年以上であること
  • PCやスマホのアドレスがあること

※収入のある方に限り申込み可能です。(専業主婦は申込み不可)

フリーローンとカードローンの違い

一般的なカードローンも事業性資金資金以外は資金用途が自由とされていますので、フリーローンと同じと考えられていますが、
フリーローンとカードローンには違いがあります。
『金利(利率)』と『借入・返済に対する考え方』です。

 

適用金利

カードローンの場合は金利が段階的に決められており、「いくら借りられるかで金利が決まる」システムです。
一方フリーローンは上限までいくら借りても金利は1種類です。
(固定金利か変動金利かが選べるフリーローンもあります)

 

借入・返済に対する考え方

カードローンは限度額を超えない範囲で借りて返してを繰り返すことができます。
フリーローンは最初に借りると後は返済のみ、借入中に追加で借りることはできません。

目的ローンとフリーローンの違い

フリーローンで認められている使い方であっても『目的ローン』の方がお得な場合があります。

 

三菱東京UFJ銀行 ・マイカーローン:年率2.975%

・リフォームローン:年率1.99%〜2.875%
・教育ローン(学資ローン):2.975%

みずほ銀行 ・マイカーローン(自動車ローン):年率3.7%〜4.4%

・リフォームローン:年率3.975%〜5.150%
・教育ローン:3.475%〜4.5%

※申込み時に「確かにこの金額を支払います」という証明になる見積書や学校名が記載された納付書(資金使途確認資料)などが必要になります。
フリーローンと同じく即日融資は難しく、借りるまで1週間程度はかかります。

 

※収入のある方に限り申込み可能です。(専業主婦は申込み不可)

フリーローン・カードローン・目的ローン比較表

ローン区分 必要書類 借入・返済 借りれるまでの期間
フリーローン ・本人確認書類

・源泉徴収票など(所得があることを証明できるもの)
・借りたお金の使い道を証明する見積書など

必要金額を借りたら返済するのみ 1週間程度(即日融資不可)
目的ローン ・本人確認書類

・源泉徴収票など(所得があることを証明できるもの)
・借りたお金の使い道を証明する見積書など

必要金額を借りたら返済するのみ 1週間程度(即日融資不可)
カードローン 本人確認書類のみ 限度額の範囲内であれば追加で借入可能 最短即日融資OK

使い道自由で利用しやすいのはカードローン

  • 専業主婦でも申込み可能
  • 必要書類は本人確認書類のみ
  • 申込んだ日に借りれる即日融資対応

金利はフリーローン・目的ローンよりは高くなりますが、それ以外の条件はカードローンが圧倒的に使いやすくなっています。

 

 

専業主婦でも借りれるカードローン