カードローンの返済方法と注意点

カードローンの返済方法

カードローンには主に5つの返済方法があります。
好きな方法を選んで下さいというカードローンもあれば、返済方法が指定されている場合もあります。
詳しく紹介します。

 

口座振替

返済額を普通預金口座から引き落とします。
申込み時に必ず申込み銀行の口座が必要なカードローンに多いです。
借入契約時に「毎月○日に指定口座から自動引き落とし」と決められています。
手数料はかかりません。
残高が足らないと返済できませんので、返済以外の引き落しで残高不足にならないように注意が必要です。

 

口座振替のカードローン

・東京スターカードローン
・みずほ銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
・セブン銀行カードローン

 

ATMから入金する

一般的な返済方法の1つです。
ATMには自社ATMと提携ATMがあります。

自社ATM

銀行内のATMやショッピングモールに設置されている銀行名が大きく書かれているATMです。
無人契約機も自社ATMです。

 

自社ATM利用のみ手数料が無料のカードローンもあります。
1,000円以下の硬貨が使用できます。

 

提携ATM

コンビニの中に設置されているATMです。
自社専用でないため多くの金融機関に対応していますが、手数料がかかる場合があります。
硬貨は返済できません。

 

銀行振り込み

返済用の指定口座があるのでその口座に振込みします。
振り込み手数料がかかります。

 

コンビニが近くにない方以外は使用頻度はほとんどありません。

 

web返済

インターネットバンキングやテレホンバンキングを利用して返済します。
PCやスマホから返済手続きができるのが便利です。
口座によっては手数料がかからず返済が可能です。

 

店頭窓口

支店の窓口に直接現金を持っていき支払います。
銀行カードローンはほとんどなく、消費者金融にはありますが提携ATMが普及しているため数は多くありません。
返済に利用するメリットは特にありません。

 

カードローンの返済期日

自分で決める

最初の契約時に設定することができ、「毎月12日に」など希望の返済日が選べます。
後から変更することも可能です。

 

約定返済日から選ぶ

2つのパターンがあります。

  1. 毎月15日、20日、月末など指定の返済日の中から好きな返済日を選ぶ
  2. 毎月7日と返済日が決まっている(変更不可)

2は口座振替のカードローンが該当します。

 

35日ごとに返済する

毎月決まった返済日の指定をせず、35日以内に返済するものです。
毎回返済期日が変動します。

カードローン返済日早見表

カードローン会社名 返済日を自分で選べる 約定返済日から選ぶ 35日ごとに返済する
東京スターカードローン ・通常のカードローンは毎月4日指定

・ネットローンは毎月5日指定

三菱東京UFJ銀行カードローン
セブン銀行カードローン 毎月27日指定
みずほ銀行カードローン 毎月27日指定
イオン銀行カードローン 毎月7日指定
レイク 毎月14日または27日

(−:設定なし)

返済期日の注意点

返済期日に間に合えばいつでも返済は可能です。
しかし「返済日から数えて何日前に返済したか」で返済の意味が違ってきます。

返済日の15日前に返済する場合

毎月の返済とみなされず、前回の返済にさらに追加で返済(随時返済)したことになります。
この場合は返済金額が全額元本返済に充てられます。(利息を差し引かれることはありません)

 

次の指定の返済日に新たに返済する必要があり、返済期日に変更はありません。

 

返済日の14日前から前日までに返済する場合

通常の返済とみなされます。
次の返済日の変更もありません。

 

曜日にも注意

返済日が土・日・祝の銀行休業日の場合は次の月曜日(翌銀行営業日)となります。

 

カードローンの毎月の返済額

約定返済金額と呼ばれ、利用明細などに記載されています。
各カードローン会社によって違いがありますが、主に『利用残高がいくら残っているか』で決まります。

 

残高が10万円までは3,000円、10万円以上で20万円までは5,000円と決まっています。
新生銀行が運営するカードローン『レイク』を例に説明します。(残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式)

 

 

レイクの返済金額例

利用残高 約定返済金額
1円 〜 10万円まで 3,000円
10万1円 〜 20万円まで 5,000円
20万1円 〜 30万円まで 7,000円
30万1円 〜 40万円まで 9,000円
40万1円 〜 50万円まで 12,000円
50万1円 〜 60万円まで 15,000円
60万1円 〜 70万円まで 18,000円
70万1円 〜 80万円まで 20,000円
80万1円 〜 90万円まで 23,000円
90万1円 〜 99万999円まで 25,000円

(※年率18%で借りた場合)

 

各社で違う!最小返済額

カードローンは『最低この金額は返済して下さい』という金額が決まっています。
借入残高が30万円までの最小返済額を紹介します。

カードローン会社名 1円〜10万円まで 10万1円〜20万円まで 20万1円〜30万円まで
東京スターカードローン 通常のカードローン:5,000円

ネットローン:10,000円

通常のカードローン:5,000円

ネットローン:10,000円

通常のカードローン:5,000円

ネットローン:10,000円

三菱東京UFJ銀行カードローン 2,000円 4,000円 6,000円
セブン銀行カードローン 5,000円 5,000円 10,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円 10,000円 10,000円
イオン銀行カードローン 3,000円 5,000円 5,000円
レイク 3,000円 5,000円 7,000円

カードローンの返済方式

返済金額をどのように計算しているのか知っておきましょう。
一般低には「残高スライド元金定額リボルビング方式」が採用されています。

 

口座振替ではく、コンビニなど利用可能ATMで入金する場合、残高スライド元利定額リボルビング方式で返済することも可能です。
(※詳しくはこのページの下の『専門用語集』で説明しています)

 

カードローン会社名 返済方式
東京スターカードローン 残高スライドリボルビング方式
三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
セブン銀行カードローン 元加返済方式
みずほ銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
イオン銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
レイク 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式

 

専門用語解説

約定返済期日

返済期日のことです。
「毎月15日に返済する」という場合、15日が約定返済期日になります。

 

随時返済

毎月の返済とは別に返済することです。
「追加で返済」「繰り上げ返済」が随時返済になります。

 

約定返済金額

毎月返済すると約束している返済金額のことです。
毎月の支払額の事を指します。

 

残高スライド元金定額リボルビング方式

残高に応じて返済額が決まります。
残高が高ければ返済金額が多くなり、残高が少なくなれば返済金額が少なくなります。
ほとんどの金融機関で返済金額が10万円単位で定められています。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高がいくらであっても一定の金額を返済していくものです。
返済額が毎月一定と決まっていたほうがいい方はこちらになります。

 

専業主婦でも借りれるカードローン