カードローンの審査は平等

審査の基準はどのような人でも変わりはありません

  • 性別
  • 勤務体系(アルバイト・パート、派遣社員、会社員)
  • 国籍(日本人・外国人)
  • 職種(公務員・サービス業など)

審査の結果、収入や属性により限度額の上下はありますが、会社員だから・専業主婦だからと人によって審査基準が変更になることはありません。

女性専用カードローンでも審査基準は同じ

レディースローンと呼ばれる女性専用のキャッシングは問い合わせを女性スタッフが受け持つだけです。
窓口が女性というだけで、レディースローン審査は一般のカードローンと同じです。

 

女性だからレディースローンの方がお得になることありません。

銀行カードローンVS消費者金融 審査が甘いのはどっち?

『銀行カードローンは審査が厳しく、消費者金融は甘い』と言われていますが、審査基準は各社で社外秘となっており確かめることは誰にもできません。

 

総量規制が施工される以前は、比較的誰でも消費者金融でお金を借りることができました。
銀行は住宅ローンを借りるところ、急な出費や生活費を借りるのは消費者金融を使い分けられていました。

 

総量規制施行前の借入の背景

銀行で借りる 住宅ローンがメイン、借り入れ金額も大きく審査が最も厳しい

現在ほど銀行にカードローンがなく、あっても積極的に宣伝もしていなかった

消費者金融で借りる 専業主婦でも借りられた

増額も比較的楽にでき、利用しやすかった

 

総量規制施行後は消費者金融も審査をしっかりしなければいけないこととなり、銀行カードローンも積極的に自行のカードローンの宣伝に乗り出しました。

 

総量規制施行後の借入の背景

銀行で借りる 小額でも借りられるカードローンが増えた

専業主婦が唯一借りられるカードローンとなった

消費者金融で借りる 専業主婦は借り入れできなくなった

審査が厳しくなり、借入限度額の上限も設定された

現状では消費者金の審査も以前に比べて厳しくなったため、銀行と大差はないといわれています。

 

銀行ローンは保証会社の審査も必要

銀行カードローンの審査は2回、消費者金融では1回と審査の回数が違います。
審査を2つ受けなければいけないことを考えれば、銀行カードローンの審査は厳しいということになります。

 

しかし基準は各社に大差はないといわれています。
特別審査に甘いローン会社はないといえます。

銀行カードローンの審査 社内審査と保証会社の審査も必要(どちらも審査通過が条件)
消費者金融の審査 社内審査に通過できればOK

審査が甘いのうたい文句には要注意!

借りやすさをアピールする言葉は闇金の誘い文句の1つです。
審査が甘いという金融機関はないと考えて下さい。

 

絶対に申込んではいけません!

こちらの記事もおすすめ

このページ以外の審査に関わる記事を紹介します。

 

保証会社について

カードローン申し込みの流れ→借入までの手順を徹底解説します!

 

審査の属性について

カードローンの審査落ち。理由は?落ちたらどうしたらいいの?

 

闇金について

申込み厳禁!カードローン闇金の見分け方のポイント

 

 

専業主婦でも借りれるカードローン