カードローンの契約は自動更新

カードローンの契約は通常完済で自動更新が基本です。
各カードローン会社に何年毎に更新するかが決まっており、期限が来たら手続き不要で更新されます。

 

何回更新しても更新手数料はかかりません

 

全額返済し、借入金額がゼロの場合でも契約は続きます。
契約者が解約したいと申し出ない限り、契約は有効とされます。

 

『もう完済したから契約は解除されているだろう』と解約せずに放置している人も多くいます。

大手カードローン会社の更新期限

更新期限 該当の銀行カードローン名
1年毎に自動更新 ・東京スター銀行カードローン

・みずほ銀行カードローン
・セブン銀行カードローン
・イオン銀行カードローン BIG
・楽天銀行スーパーローン
・横浜銀行カードローン
・住信SBIネット銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・新生銀行カードローン レイク

3年毎に自動更新 ・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

・ノーローン
・モビット

5年毎に自動更新 ・アコム

・プロミス
・アイフル

信用情報はどうなるの?

解約しない場合

一旦契約すると解約するまで個人信用情報には『○○銀行カードローンで与信がある』と記載されています。
○○銀行カードローンで○万円貸せる枠が現在もありますということが一目でわかります。

 

解約した場合

すぐには信用情報から消えません。
5年間は貸金業者が照会したときにわかる様に信用情報機関が残すようにしています。
5年を過ぎると自動的に削除されます。

  • 過去の利用実績
  • 滞納なく返済していたか

金融機関が過去にどの様な取引があったのか、返済能力があるのかの判断材料として登録を残すことになっています。

 

銀行が加盟してる全国銀行個人信用情報センターの公式ホームページにある説明を紹介します。

 

全国銀行協会の信用情報登録機関

※5年を超えない期間と明記されていますが、5年より前に抹消されることはありません

 

解約手続きする?しない?メリットとデメリット

カードローン解約しない場合

メリット

何年使っていなくても解約しない限り借りられる借入限度額以内であればいつでもすぐ借りられます
再審査もありません。
突発な出費で急いでお金を借りたい場合、ローンカードさえあればすぐ借りられます。

 

デメリット

信用情報に契約していることが掲載されたままなので、解約しないまま別のキャッシング会社に申込んでも、審査時にすでに1社とカードローン契約していると見なされます。
審査に影響することになります。

 

カードローン解約する場合

メリット

個人信用情報が5年経てばクリアになります。
新しい借り入れに影響がなくなります

 

デメリット

解約後すぐにやっぱりまた借りたいと解約した銀行カードローンに申し込みしても審査で否決される場合があります。
最低でも半年は申込みを避けるか、急ぎであれば他社に新規申込みしましょう。
どちらにしろ審査があります。

 

解約すべきかどうか?

全額返済しているのであれば解約しなくても、特に生活での不都合はありません
実際に放置のままの人もいます。
一旦解約し、また新たにキャッシングを申し込んで審査に通るかどうか不安な場合はそのままでも構いません。

 

もし今後住宅ローンや車のローンを組むことになっても、名義が配偶者であれば妻の借り入れは影響しません。
詳しくは専業主婦のカードローン利用は住宅ローンに影響する!?で詳しく紹介しています。

 

以下に当てはまるのであれば解約をおすすめします。

  • 自分の信用情報が気になる
  • 今後新たなローンやクレジットカードを作る予定がある・あるかも知れない

カードローン解約の方法

解約条件

完済していることが条件です。
解約金はかかりません。

千円未満の返済方法

 

最終返済額が2,345円など千円未満の端数が出る場合、口座引き落としで返済する場合は問題ありませんが、コンビニの提携ATMから返済する場合は硬貨投入口がなく紙幣しか返済できません

 

下記方法にて清算してください。

  • 銀行窓口で返済
  • 有人店舗で返済
  • 返済用口座へ振込み(振り込み手数料は返済者が負担)
  • 提携ATMで1,000円など多めに返済、お釣りは指定口座に振り込んでもらえる(振り込み手数料はカードローン会社負担)

解約方法

公式ホームページの「よくあるご質問」などに解約方法が書かれています。
解約手続き専用ページはなく、まずは電話で解約希望をつたえるタイプと専用の書式に記入し郵送にて返送するタイプがあります。
大手カードローン会社の解約方法を紹介します。

 

人気カードローン会社解約方法早見表

カードローン外社名 解約方法 解約に必要なもの
東京スター銀行カードローン 口座を開設したときに担当支店が設けられるのでそこへ連絡する 解約時に説明
みずほ銀行カードローン みずほ銀行の窓口へ来店 ・身分証明書

・ローンカード
・印鑑
・普通預金の通帳

セブン銀行カードローン テレホンセンターに連絡する −(住所変更がない場合)
イオン銀行カードローン BIG 契約者専用のコールセンターへ連絡する(※) ・身分証明書

・印鑑

ジャパンネット銀行ネットキャッシング 利用者専用の画面にログインして解約手続きをする
楽天銀行スーパーローン カードセンターに連絡する
横浜銀行カードローン 横浜銀行の窓口へ行って手続きする ・身分証明書

・印鑑
・ローンカード
・横浜銀行の口座通帳

住信SBIネット銀行カードローン(※) WEBサイトから解約申込書をダウンロード、記入し郵送 ・身分証明書
新生銀行カードローン レイク フリーダイヤルへ連絡する
ノーローン お問い合わせダイヤルに連絡する
アコム ・アコム総合カードローンデスクに連絡する

・店頭窓口へ行って手続きする

プロミス ・プロミスコールに連絡する

・店頭窓口へ行って手続きする

モビット モビットコールセンターに連絡する
アイフル 会員専用のコールセンターへ連絡する
eオリコサービス(クレジットカード) 脱会届け(解約届け)をダウンロードし印刷、記入の上返送

※:連絡後にカードローン解約申込書が送られてくるので記入の上返送
−:連絡だけでOK

カードローン解約関連専門用語

通常完済

契約解除しない限り契約が続くもの。
残高0円が続いても解約しない限り契約状態が続く。
キャッシングは通常完済。

 

個別完済

フリーローンや目的ローンなど、借り入れは1回のみで後は完済するだけのもの。
完済後は必ず解約となる。
※フリーローン・目的ローンは使用目的が自由なフリーローンとは?で紹介しています。

 

解約証明書

キャッシング会社が発行する、確かに完済済みで契約も解除していることを証明すもの。
ローン会社によって有料の場合もある。(1,500円あれば足りるぐらいの金額)
信用情報から消えていない解約から5年以内に、住宅ローン申込名義人に提出が求められる場合が多い。
必要な場合もらうだけでよい。

 

 

専業主婦でも借りれるカードローン