金利の見かた

専業主婦は借りられる限度額が少ないので、どうしても一番高い金利で借りることになります。
例を挙げて説明します。

5.0% 〜 18.0%

金利が上記の様に表示されていた場合、専業主婦の方は後ろの数字が適用になります。
金利を比較する時は後ろの数字を見てください。

 

人気カードローン会社金利比較

カードローン会社名 金利 限度額30万円の金利 専業主婦の借入
東京スター銀行カードローン 4.5%〜14.6% (※1) 申込可
みずほ銀行カードローン 4.0%〜14.0% 14.0% 申込可
イオン銀行カードローン 3.8%〜13.8% 13.8% 申込可
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 6.0%〜18.0% 18.0% 申込可
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 14.5% 申込可
横浜銀行カードローン 1.9%〜14.6% 14.6% 申込可
住信SBIネット銀行カードローン 1.99%〜7.99% 7.99%(※3) 申込不可
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 12.0%〜17.8%(※2) 申込不可
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0% 18.0% 申込可
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 4.6%〜14.6% 14.6% 申込可
ノーローン 4.9%〜18.0% 18.0% 申込不可
アコム 4.7%〜18.0% (※1) 申込不可
プロミス 4.5%〜17.8% 17.8% 申込不可
モビット 4.8%〜18.0% 18.0% 申込不可
アイフル 4.5%〜18.0% 18.0% 申込不可

(※1)収入・雇用形態・他社での借入によって金利が違う
(※2)融資利率によって金利を決めると利用できる人が制限されてしまうため幅を設けている
(※3)金利優遇あり ⇒詳細はこちら

金利は限度額で決まる

カードローンの金利は審査によって限度額を元に金利が決定されます。

150万円借りられる人(限度額が150万円)が10万円借りた ⇒ 限度額が150万円なので金利は年15%

 

10万円借りられる人(限度額が10万円)が10万円借りた ⇒ 限度額が10万円なので金利は年18%

実際に借りた金額ではなく、金利は限度額での判断となります。

利息の計算方法

金利が決まれば毎月の返済でいくら返さないといけなのかの金額がこの金利で借りたらいくら返済しないといけないのかは自分で簡単に計算できます
どの金融機関でも同じです。

金利の計算式

借入残高×年率÷365日×利用日数=利息

 

10万円×18%÷365日×30日=1,479円(1円未満切捨て)

10万円を18%で30日間借りた場合の利息は1,479円になります。

 

比較として各カードローン会社の『10万円を借りて毎月1万円づつ返済、10ヶ月で完済したときの利息』を紹介します。

大手カードローンの支払い利息比較表

カードローン会社名 金利/1・5・10ヶ月目の利息 利息の総合計
東京スター銀行カードローン 14.6%(※) (※)
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 14.6%/
1,200円・
600円・
120円
6,807円
みずほ銀行カードローン 14.0% 8,180円
セブン銀行カードローン 15%/
1,232円・
616円・
123円
6,776円
イオン銀行カードローン 13.8%/
1,134円・
567円・
113円
6,233円
新生銀行カードローン レイク 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円
楽天銀行スーパーローン 14.5%/
1,191円・
595円・
119円
6,550円
横浜銀行カードローン 14.6%/
1,200円・
600円・
120円
3,608円
住信SBIネット銀行カードローン 7.99%/
656円・
328円・
65円
4,512円
オリックス銀行カードローン 17.8%/
1,463円・
731円・
146円
8,042円
ノーローン 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円
アコム 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円
プロミス 17.8%/
1,463円・
731円・
146円
8,042円
モビット 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円
アイフル 18.0%/
1,479円・
739円・
147円
8,130円

※限度額を10万円とした場合の利息から計算式により算出

(※)審査により金利に違いが出るため計算不可

 

低金利で借りるのがお得!

 

10万円を13.8%で借り、10ヶ月で返済する ⇒ 総支払い利息額は6,233円
10万円を18.0%で借り、10ヶ月で返済する ⇒ 総支払い利息額は8,130円
その差は1,897円にもなります。

 

金利ができるだけ低いキャッシング会社で借りるのがお得です。

 

無利息VS低金利!どっちがお得?

無利息サービスとは決められた一定の期間のみ利息を0%(実質利息が無料)になるサービスです。
何度でも利用できるものではなく、初めて契約をする方のみ利用できます。(ノーローンは除く)

 

ただし無利息期間が終了した場合は一般のカードローンと同じ様に決められた金利で借りることになります。
無利息期間の間に完済できれば、利息を1円も支払わなくてもよくなります。

 

無利息期間が利用できるカードローン一覧

カードローン会社 無利息になる金額と期間 無利息期間終了後の金利(※1)
新生銀行カードローン レイク 借入金額全額:30日間または借入金額5万円までを180日間 18.0%
ノーローン 借入金額全額:1週間(※2) 18.0%
アコム 借入金額全額:30日間無利息 18.0%
プロミス 借入金額全額:30日間無利息 17.8%

(※1)借入残高が30万円の場合
(※2)繰り返し利用可。一度完済することは条件となります。
2回目以降の借入で無利息期間が利用できるのは、前回完済した月の翌月からとなります。

 

どちらを選ぶかはいつ完済できるかで決める

無利息サービスがあるキャッシングは最高金利が高めで設定されている傾向があります。
取引が長くなると支払う利息も多くなるので、取引が長くなるなら低金利を選ぶのが正解です。

 

無利息期間内または短期間で完済できる ⇒ 無利息キャンペーンのあるカードローンがお得
すぐまたは短期間に完済できそうにない ⇒ 低金利のカードローンがお得

専業主婦におすすめ!低金利で借りられるカードローン

低金利で借りれるカードローン イオン銀行カードローン BIG
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
無利息サービスがあるカードローン 新生銀行カードローン レイク

 

カードローンの金利豆知識

金利は変動するの?

金利は原則変動することはありませんので、最初に提示された金利で完済まで借りる固定金利になります。
カードローン会社が金融情勢によって見直すことは考えられますが、各個人の金利が月単位や年単位で上下することはありません

金利は下げてもらえる?

金利は下げてもらうことはできません。
基本的に金利を下げるには限度額を上げるしかありません。
消費者金融では特例として申し出れば下げてもらえる可能性がありますが、銀行カードローンでは不可能です。。
銀行のカードローンは元々消費者金融よりも低い金利での貸付を行っていますので、金利の引下げに応じることはありません。

 

金利の優遇もある

指定の条件を満たしている方限定で金利を優遇してもらえるサービスがあるカードローンもあります。
キャッシング会社独自で一定の条件を満たしている人だけに金利を優遇してもらえるサービスがあります。

住信SBIネット銀行カードローン 住信SBIネット銀行で住宅ローンを借りている方は金利を−0.5%引下げ

 

金利の安い目的ローンは専業主婦借入不可

カードローンとは別に銀行には使用用途が限られている目的ローンがあり、とても安い金利で借りられます。

目的ローンの種類
オートローン(マイカーローン) 車を購入するための自動車ローン
ソーラーローン 太陽光発電を設置するためのローン
費用ローン 学費や資格取得のための教育ローン・自宅改築のためのリフォームローンなど
おまとめローン 数社の借入を一本化するためのローン

 

目的ローンの利用には条件
  • 申込者本人に収入があること
  • 見積書か納付書など借入理由を証明できるものの提出

カードローンとは違うフリーローンもあります。
フリーローンと目的ローンについては使用目的が自由なフリーローンとは?でも詳しく紹介しています。

 

金利から考える損しないカードローン選び

まずは借りたい金額を限度額と考え、適用金利が何%になるかを比較する
いつ完済できるかを考える

この2つを条件として比較しましょう。

 

急いで借りたい方なら即日融資が最優先条件となり、金利が第2条件という場合もあります。
金利よりも優先する条件がないのであれば、金利を最優先に選びましょう。

 

 

 

専業主婦でも借りれるカードローン